マガジン:トレンド

チャットボットでデジタルサイネージを作成

カテゴリ:売上拡大未分類


チャットボットをユーザーインターフェースのひとつとして見た場合、ユーザはチャットボットの質問に順次答えていくだけで目的を達成できる簡単さや手軽さといった利点があります。本記事では、こうしたチャットボットの利点を生かしてデジタルサイネージのコンテンツを手軽に作成する事例を紹介します。

チャットボットで簡単作成

株式会社L is B(エルイズビー)は、2019年6月26日、チャットボットの質問に答えるだけで自動的にサイネージに表示するコンテンツが作成できる「directサイネージ」を正式リリースしました。

デジタル掲示板に表示されるデジタルサイネージは、現在よく目にする広告形態のひとつです。企業の広告をデジタルサイネージに出稿しようとすると、デジタル広告を手がける広告代理店やITサービス企業に依頼しなければならず、手軽な広告とは言い難いものがあります。

「directサイネージ」は、以上のようなデジタルサイネージに広告を出稿する敷居を大きく下げるサービスです。このサービスはビジネスチャット「direct」上で動作する専用ボットの質問に順次答えていけば、デジタルサイネージに表示するコンテンツが作成できていしまう、というものです。文字だけではなく画像や動画を表示することが可能となっています。

同サービスは広告だけではなく、企業内で情報共有する目的で利用することも可能です。実際、九州・福岡市にあるヤフオクドーム近くに建設中の三菱地所レジデンス ザ・パークハウス福岡タワーズ作業所では、強風などの突発的な状況における情報共有のために同サービスを導入しました。

ビジネスチャット「direct」とは?

「directサイネージ」が動作する「direct」とは、企業向けのチャットボットシステムです。同システムの特徴は、チャットボット自体を手軽に開発できることと拡張機能の豊富さにあります。

例えば「daab」(direct agent assist botの略称)と「daab SDK」は、業務向けチャットボットおよびその開発環境です。daab SDKを使えば、企業の業務にカスタマイズされた日報を入力するチャットボットのようなものが開発できるのです。同SDKを使った開発手順等をまとめた開発者向けサイトも充実しています。

また、directの拡張機能には前述した「directサイネージ」のほかに以下のようなものがあります。

・directゲストモード:企業担当者と顧客が直接やりとりできるホットラインとなるチャットボット。
・directフォトビュー:画像と動画の共有と管理ができる。画像付き報告書が簡単に作成できるようになる。
・directマルチビュー:directによるチャットを最大3つまで起動できる。
・directスマートワーキングソリューション:終業時刻にPCをロックして不要な残業を削減する。

以上のdirectに見られるように、企業における情報共有にもチャットボットの活用が当たり前になってきています。おそらくは従来はメールで行ってきた企業内情報共有の大部分は、チャットに代替されることになるでしょう。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ

お問い合わせ