営業マン不要の未来も近づいている?商談するチャットボット事例

カテゴリ:導入事例業種/職種別利用シーン


営業の仕事はいかに確度を高い状態まで顧客の心理状態を盛り上げていくかが鍵を握ります。

提供しているサービスの単価が高いほど、営業の責任は計り知れないものです。

今回は、そんな営業活動にチャットボットを活用することで営業障壁を低くできることが分かる事例をご紹介しながらチャットボットの有用性を解説していきたいと思います。

チャットボットの基本的な機能

最近は、AIチャットボットを利用したマーケティング手法が流行しています。

それは今、チャットという形式でいかに身近なツールとなってくれるかで、利用者の割合がかなり違ってくるからです。

その今ノリに乗ったAIチャットボットですが、基本的には


自然言語でのお問い合わせ対応
FAQの自動応答対応

この2つの機能はスタンダードにどのAIチャットボットでも搭載されていることが多いものです。

AIチャットボットの中でも、どんな分野に特化したものなのかという視点で利用シーンが様々に分けられていきます。

今回は、そんなチャットボットの事例の中でも、業界初の不動産業界でのAIチャットボットの利用事例をご紹介したいと思います。

チャットボットで営業コストが削減できる事例

実は営業活動に利用できるチャットボットの効果

チャットボットが使われる場面を考えると、どうしてもWebに強いIT企業、ECサイトを運営している企業といったようなオフラインとは無縁の企業ばかりな気がしてしまいます。


実は今回、ご紹介するチャットボットの活用業界は「不動産業界」です。

不動産営業は、不動産を売るわけなので単価はトップクラスに高いため、オフラインの営業を幾度となく重ねて商談を成功させるのがスタンダードです。


とはいえ、不動産業界では、Webの活用がないわけではないのです。

そのため、Webサイトのお問い合わせの自動対応やFAQ対応などのカスタマーサポートを補助する役割として活用することができます。

「それだけでは、営業を支援したことにはなっていないのでは?」

そう思った方もいるかと思います。


おっしゃる通りで、実はお問い合わせ対応などの他に販売サポート、商談サポートもしてくれるものにチャットボットも進化してきています。

それもAI(人工知能)の発展によってユーザーの行動を分析し、販売を促進する方向でチャットボットの活用ができるようになってきています。

勤務環境を改善に寄与するチャットボットの効果

不動産業界は、業務過多なため、残業が多く、離職率も高い業界です。

ケイアイスター社のチャットボットは、自社の営業ノウハウをAIに取り込み、不動産情報をいつでもどこでも入手できるようにすることで不動産業界の働き方改革推進に大きく貢献しています。
不動産業界には、革命のチャットボットですが、まだまだ活用されてない現実があります。


活用されれば、上記の有用性を実感できるため、チャットボットを一度試してみる価値は十分にありそうですね。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ

お問い合わせ