図書館業務にチャットボットを導入

カテゴリ:導入事例


近年、簡単な問い合わせ業務を対話形式で処理できるチャットボットが、実装が簡単になったことによりあらゆるシーンで活用されるようになっています。本記事では、図書館や学校と行った誰もが利用する施設における活用事例を紹介します。

LINEから蔵書検索

埼玉県飯能市と株式会社富士通マーケティングは、2019年7月23日、LINE上で図書の検索・予約ができる市民向け図書サービス「図書チャットボット」の実証実験を飯能市立図書館で7月23日から実施することを発表しました。

飯能市立図書館は、2013年に新図書館を開館したことに伴い、富士通マーケティングが開発・提供するクラウド型公共図書館業務サービス「FUJITSU 文教ソリューション WebiLis」を導入してサービス向上に努力した結果、図書館利用者の増加が認められました。同図書館はさらに図書館を身近な存在とするために、現在もっとも日本で親しまれているチャットアプリのLINEを活用した「図書チャットボット」を導入しました。

同チャットボットからは図書館資料の検索、おすすめの本や利用者の目的や気分に合わせた本の提案、そして利用案内の閲覧といったサービスが利用できます。

なお、実証試験の期間は2019年7月23日から8月31日までであり、同チャットボットをLINEに友だち登録することで利用できます。

Pepperが図書を探してくれる

図書チャットボットのような図書館に最新テクノロジーを導入する事例はほかにもあります。例えば、大阪府大阪市に本部のある教育機関「滋慶学園」グループは、図書館にAIロボットのPepperの導入を進めています。

既存の図書館においては、PCやタブレットから蔵書検索するというのが主流です。この検索方法だとキーボードやタッチ入力に慣れていない利用者には、やや不便です。対して、Pepperを蔵書検索における入力に活用すれば、利用者はPepperに話しかけるだけで図書を探すことができます。Pepperを活用すれば、とくに高齢者の利用者がより簡単に蔵書検索できるようになります。

同グループは、図書館だけではなく教育事務全般にAI技術を導入しています。同グループが導入した問い合わせ応対システム「ゆらゆら」には、IBMが開発した会話AI「Watson」が活用されています。同システムに「卒業証書発行はどうやってするの?」といった基本的な教育事務について問い合わせると、回答が自動で返ってきます。同システムは現在も学習を続けることで、回答の精度を高めています。

以上のように図書館や学校といった誰もが使う施設にもチャットボットやAIの導入が進んでいます。近い将来、チャットボットを使ったことのないヒトなどいない、という社会が実現することでしょう。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ

お問い合わせ