マガジン:トレンド

AIとIoTを活用した新しい介護サービス

カテゴリ:業種/職種別利用シーン


介護事業では、実際に高齢者に介護サービスを提供するスタッフのほかに高齢者のケアプランを策定するケアマネジャーがいます。ケアマネジャーがケアプランを策定する際には、高齢者の状況を把握することに加えて介護に関わる法律知識が不可欠となります。ケアプランの策定は、多くの専門知識を要する仕事なのです。本記事では、こうしたケアプランの策定をIoTとAIでサポートする試みを紹介します。

IoTとAIで高齢者を見守る

東京電力パワーグリッド株式会社(「東電PG」)、株式会社エナジーゲートウェイ(「EG」)、株式会社ウェルモ(以下「ウェルモ」)は、2018年12月18日、家電ごとに電気の使用状況の変化をリアルタイムに検知するIoT技術を活用して、認知症と診断された高齢者の見守りをサポートするサービスの実証試験を開始することを発表しました。

現在、東電PGとEGは一般家庭の電気使用状況をモニタリングできるIoTサービスプラットフォームを事業者へ提供し、モニタンリグした電力情報を医療・介護をはじめとした様々な日常生活のニーズに活用する取り組みを推進しています。また、ウェルモはAIの自然言語処理を活用し、ケアマネジャーを知識や調査の面から補助する「ケアプランアシスタント」を開発しています。

今回開始する実証実験では、モニタリングした電気使用状況に関する情報を高齢者の安否確認、高齢者のケアプラン作成、さらには高齢者が普段とは異なる行動をした場合の検知に活用できることを検証します。実験は2019年上期まで行い、2020年度には正式にサービス提供を開始する予定です。

「知らないをなくす」ケアプランアシスタント

上記の実証試験において重要な役割を果たすウェルモが開発している「ケアプランアシスタント」(Care Plan Assistant:略してCPA)は、ケアマネジャーの「知らないをなくす」をコンセプトにウェルモが2016年から開発してきたAIです。

同AIをケアプラン策定時に活用すると、ケアマネジャーは要介護者の状態を入力すると、課題候補が提示されます。その提示された候補を言わばケアプランのテンプレートとして活用することで、短期目標や長期目標等を決めていくことができます。さらに、介護に関して国が定めたガイドラインや看護に関する専門知識に関するサポートも受けられるようになっています。

2018年8月27日より福岡市と福岡県介護支援専門員協会の協力で、同AIの実証試験が行われています。同AIを実際にケアマネジャーに利用してもらってえ満足度を検証したうえで、2019年にはベータ版をリリースする予定です。

以上のようにAIは、最先端テクノロジーとは関係の薄いように感じられる介護サービスにおいても活用が試みられているのです。少子高齢化が進行している日本において、介護サービスをサポートするウェルモの取り組みは今後ますます注目されるのではないでしょうか。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ

お問い合わせ