AIに株式資産を守ってもらう

カテゴリ:導入事例未分類


大量のデータの分析にもとづいて業務を遂行することが求められる金融業界は、早くからAIの導入が進んだ業界のひとつと言えます。本記事では、AIが個人投資家向けに株式売却タイミングを通知するサービスを紹介します。

AIが売却タイミングをお知らせ

SMBC日興証券株式会社は、2019年7月23日、HEROZ株式会社とともに開発したAIを活用した投資支援サービス「AI株価見守りサービス」を個人投資家向けに7月26日より提供開始することを発表しました。

近年の株式市場においては個人で情報を収集し株取引を行う個人投資家が増える一方で、グローバル化の進展や超高速取引の普及などが原因で株価動向の予測が一層困難になっています。こうした現状をふまえて、SMBC日興証券株式会社は個人投資家にAIが算出した株式の売却タイミングを知らせる「AI株価見守りサービス」を開発しました。

同サービスの利用方法は簡単で、サービス利用画面においてSMBC日興証券が保有している株式銘柄のなかから売却タイミングのお知らせを受けたい銘柄を指定するだけです。

売却タイミングは、AIが1週間先までの株価のトレンドを予測したうえでLC-PH戦略にもとづいて算出されます。LC-PH戦略とは「ロスカット&プロフィットホールド戦略」の略称で、損失を限定して含み益を最大化するというものです。

ちなみに、同サービスで活用されているAIを開発しているHEROZ株式会社は、将棋AIの開発で培われたAI技術をもとにしたAIソシューション「HEROZ Kishin」を展開しています。

金融業界におけるAI活用

金融業界は、AIの活用が盛んな業界のひとつです。株式や顧客データといった大量のデータにもとづいて業務を遂行する同業界は、データから価値を生成する現在のAI技術との親和性が非常に高いと言えます。

AIを活用している金融機関のひとつにみずほフィナンシャルグループがあります。同グループにおける株取引では、AIアルゴリズムが活用されています。このアルゴリズムは、各銘柄の30分後あるいは1時間後の値動きを予測することができます。このアルゴリズムにはディープラーニングが活用されていて、約5,000種類の学習データを用いて予測精度を高めています。

三菱UFJ信託銀行における投資判断にもAIが活用されています。このAIは、ディープラーニングにテキスト分析を組み合わされて運用されています。テキスト分析では、直近のニュース等を分析して判断材料とします。

大量のデータ分析が不可欠な金融業界においては、AIのさらなる活用と導入は不可避と言ってよいでしょう。それゆえ、「ヒトとAIの協働」の最先端事例は金融業界において見られるようになるかも知れません。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ

お問い合わせ