新しい講師は…まさかのAI?!英会話教室に迷ったら、読むべき最新動向

カテゴリ:未分類


英語が世界共通語とも呼ばれるようになって久しい今日ですが、一体どれくらいの人が、英語を話しているかご存知でしょうか。

驚くなかれ、なんと今は世界で「約4人に1人」が英語を話す時代なんです!

というのも、アメリカのある経営学誌のレポートによると、世界の全人口は約70億人、その内の約17.5億人が英語を実用的に話しているという調査結果があるそうです。

(「Harvard Business Review 2012年調べ」より https://www.english-bec.com/column5/population_english/)

グローバル化がさらに進み、英語を使うシーンもますます増えつつあります。「英語が話せたら、もっとうまくコミュニケーションがとれるのに…」そう思うことも、一度や二度ではないのではないでしょうか。

そんなわけで、今回は、英会話教室選びでお悩みの皆様に役立つ情報をまとめさせていただきました。

英会話教室をタイプ別に分類

講師1名に対して複数の受講生がいる教室

英会話教室と言って、まず思い浮かべるのがテレビCMで馴染み深い大手英会話教室だと思いますが、まさしくそれが当てはまります。カリュキラムや教材がしっかりしており、講師の方も一定のレベルをクリアしているため、安心して通うことができるのが魅力です。

パーソナルコーチ型の教室

受講生一人一人に専属の講師やコンサルタントがついて、レッスン以外にも、日々の学習計画やタスク管理を行ってくれる教室です。短期間で大幅な英語力向上やビジネス英語の習得など、明確な目標達成を目指す人向けの教室です。一般的なクラスよりも割高にはなってしまいますが、モチベーションの維持・向上させてくれる体制が整っている点が何よりの魅力です。

オンライン型の教室

ネット環境とPC・スマホさえあれば受講できるのがオンライン型の英会話教室です。比較的、柔軟なレッスン体型が多く、毎日約1時間~2時間のオンラインレッスンを受講することで短期間で英会話力を向上することもできます。また、中には、予約不要でレッスンが受けれるところや、上限なく何度でもレッスンが受けられるサービスもあり、スキマ時間を有効活用できることが魅力です。

英会話の学習をしていて、陥りやすい3つの悩み

このタイプの英会話教室が良さそうと思ったら、体験レッスンを受けてみて継続できるかどうかも、是非、判断をしてみてください。

次は英語学習を挫折をしないために、陥りやすいお悩みについてご紹介いたします。あなたの悩みは、誰もが通る道です。こちらも学習の参考にしてみてください。

英語が聞き取れない

聞き取れない原因は、リスニング時の「意識する場所の違い」、音の「周波数の違い」と「発音の違い」が多いようです。

「意識する場所の違い」

英語は文章のすぐに述語となる動詞がくる場合が多いですが、日本語は文末に述語がくることが多いため、無意識に「会話の後ろの方を中心に耳を傾けて聞いてしまう」ことです。

「周波数の違い」

日本語が125~1500ヘルツに対して、英語は約12000ヘルツと言われています。そのため、日本語のネイティブにとっては、どうしても聞き取りづらく感じるそうです。

「発音の違い」

英語には日本人が日常生活では発音しない単語があります。例えば、代表的なものとしては、「F・R・V・TH」などです。単語で言うと「rice」と「lice」の区別が当てはまります。

上記の3つの「英語が聞き取れない原因」をレッスンを受けるときに意識してみてください。

英単語が覚えられない

単語に限ったことではないかもしれませんが、覚えることが苦手な人は多いと思います。エビングハウスの忘却曲線によれば、単調に覚えたものは、翌日には半分、3日後にはほとんど忘れてしまうそうです。忘れないための一案として、単語を丸暗記するのでなく、英単語や英文を無意識のレベルまで落とし込み、聴き続ける方法を試してみてください。

成長を実感できない

教室に通い続けて、会話もそれなりにこなしているけれど、英語力が伸びていない、と感じ始めるときがあります。英語というのは知識がひとつ増えたからといって成長するものではなく、ひとつの体系を会得して成長したことになります。自分ができるようになりたいことを具体的に定め、まずは、小さなことから一つずつ達成していくことで、成長を実感できるものと考えて学習をしてみましょう。

新しい講師はAI先生!最新の英会話学習の事例を大公開!

最後に、英会話学習の新しいサービスを提供している事例をご紹介いたします。ご紹介する事例は、講師は人ではなく、実はAIが勤めているため、24時間365日いつでも利用が可能です。いきなり人と英語で話すことに抵抗がある人には、特にオススメの英語学習法です。

SpeakBuddy

一つ目は、appArray株式会社が提供している「SpeakBuddyです。AIのキャラクターを相手に、シーンに合わせて会話をしながら、英会話を上達させるためのアプリです。話したセンテンスをチェックしてくれるため、良かったところ、悪かったところを知ることができ、対話形式なので非常に実践的です。スピーキング力とリスニング力、双方のスキルアップに効果があると、利用者の声があります。

TALKING Marathon

もう1つの事例は、株式会社ユナイトが提供しているアプリ「TALKING Marathon」のご紹介です。こちらは以下の3ステップで学習するのが特徴です。

①会話してみて、言えないフレーズ、知らなかったフレーズをチェックできる。

②回答例となるフレーズと、応用したフレーズを繰り返し声に出して覚える。

③①に戻り、覚えたフレーズを実際に使ってみる。

この3ステップを用いて、様々なシーンの英語を効率的に学ぶことができるアプリです。

今回は、英語学習についてお伝えしましたが、「どうしても通じない」「何て言ったら分からない」そんな瞬間は、上級者でさえ訪れます。今は便利な翻訳ツールもありますので、副次的に活用してみるのも手かもしれません。学習を楽しむことはもちろん重要ですが、「相手に正確に、しっかり伝える」ことが求められることも多々ありますからね。この記事が少しでも、あなたの英語学習のヒントになれば、何より嬉しいです。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ

お問い合わせ