マガジン:トレンド

朝日新聞社のWEBマガジンにチャット接客サービス「OK SKY」を導入

カテゴリ:業種/職種別利用シーン


雑誌をデジタル化したコンテンツである「WEBマガジン」の強みは、紙媒体では実現できなかった顧客との双方的なコミュニケーションを実現できるところにあります。本記事では、WEBマガジンにおける双方的なコミュニケーションの実現事例として、チャットサービスを導入した事例を紹介します。

顧客とのより強いエンゲージメントを目指して

株式会社空色が開発・提供するチャット接客サービス「OK SKY(オーケースカイ)」は、株式会社朝日新聞が運営するWEBマガジン「アエラスタイルマガジン」にて展開されるサービスのひとつとして導入されました。

「アエラスタイルマガジン」とは朝日新聞社が2008年に創刊した雑誌で、2017年にはスマホ版とPC版もスタートしました。同マガジンの特徴は、おすすめのアイテム情報だけではなく大人が知るべき情報をも発信しているところです。具体的には、「紳士の雑学」コーナーでは最新ビジネストレンドを紹介したり、「調べ・見立て」コーナーではビジネスマンの様々な意識調査結果を公表しています。

今回導入されたチャット接客サービス「OK SKY」は、同マガジン内に収録されたアイテムに関して担当オペレーターに取扱店舗やコーディネートを相談するすることを可能とします。雑誌でアイテムを見かけて「欲しい」「調べたい」と思った読者のニーズに即座に応えるようになった、というわけなのです。

同サービスを導入することによって情報を受容するのみであった読者との双方的なコミュニケーションが可能となることは、「アエラスタイルマガジン」がよりエンゲージメントの強いWEBマガジンに進化することを意味しているでしょう。

WEBマガジンも読み放題の時代に

WEBマガジンというメディア形態は、スマホやタブレットが普及し始めたあたりから見かけるようになったものです。雑誌がデジタル化されるにあたっては、紙媒体のものをアプリで閲覧できるようにしたシンプルなものから、アイテムをスワイプすると回転するような「デジタルコンテンツならでは」の演出を追加したものもあります。

最近のWEBマガジンの動向として、月額料金を支払えば複数の雑誌が読み放題となる雑誌ストリーミングサービスの台頭があります。実のところ、同サービスはコンテンツを構成する情報単位がデジタル化しやすい文字ということもあって動画ストリーミングサービスよりも先行して誕生し、現在では多数のサービスが乱立しています。

雑誌ストリーミングサービスで最大規模を誇るのが、オンラインショッピング最大手Amazonが提供するKindle Unlimitedです。同サービスは雑誌はもちろんのこと、書籍やコミックも読み放題の対象となっています。書籍に関しては、12万冊もの品揃えとなっています。

ドコモやソフトバンクといった国内大手キャリアも、それぞれ雑誌読み放題サービスを提供しています。こうした大手キャリアは動画ストリーミングサービスも提供しており、現在はまさに「ストリーミングサービス戦国時代」の様相を呈しております。

以上のように多くの商品がストリーミングサービス化してコンテンツが溢れる状況においては、商品について相談できる手段を顧客に提供することが重要となります。そして、こうした顧客とのコミュニケーション手段を実現する技術として、チャットボットは非常に実用的かつ有望と言えるでしょう。

顧客化を加速させる接客体験を
あなたのWEBサイトへ

お問い合わせ